ワタナベ薫さんの本を読んで私が変わったこと。【豊かで実りある人生にする編】

ワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読んで私が変わったこと。

先日の第4章をまとめた【お金の流れを変える編】に続き、

最終章である第5章は【豊かで実りある人生にする編】としてまとめてみました。

ワタナベ薫さんの本を読んで私が変わったこと。【お金の流れを変える編】
ワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読んで私が変わったこと。 先日の第3章を...

最後を締めくくるルールが4個挙げられています。

最終章は今まで書かれたルールを総括して、

一番伝えたい要点のようなものが書かれているように思いました。

その最後の4つのルールとは以下の通りです。


・フォーカス術を身につける。

・笑って金運アップにつなげる。

・お金を生み出すのは意外と簡単だと思っていい。

・お金を引き寄せるにはいつも心地良い感情でいること。

この本を読んでみて、お金を引き寄せるにはこの4つのルールが底流にあるように思われました。

スポンサーリンク

フォーカス術を身につける。

今ある小さな豊かさ、小さな幸せだけにぐっと集中して、それだけを意識する。

日常の小さな豊かさや幸せだけにグーッとフォーカスしていくと、

カメラで写真を撮った時のように

その周りにある欠乏しているものや不満に思っていることなどがボケていきます。

そうすると「私は豊かである」といったセルフイメージがどんどんと高められて

お金を引き寄せられるようになります。

ただこのフォーカス術は一回使っただけでは効果はなく、

これも何度も何度も繰り返して潜在意識に刷り込ませるようにする必要があります。

もともとネガティブな私にとって、読んだ時は「なるほど」だと思ってみても

実際行動に移してみると、そう簡単にはできませんでした。

それこそ何度も何度も

先に芽生えたネガティブな思考を打ち消して、ポジティブな思考に切り替える

ということを繰り返すしかありません。

「あ~今月も生活費が、あとこれだけ。どうしよう。」

と思ったとしても、

そんな気持ちをすぐに打ち消して、

「それでも、ゆっくりと寝れる場所がある」

「それでも、電気が自由に使える」

「それでも、あたたかいご飯が食べれる」

とほぼ無理やりかもしれませんが、感謝する気持ちに切り替えるようにしていきます。

しかも、それを何回も何回も習慣になるまで繰り返します。

ですが、今年になって立て続けに起こった災害のニュースを見ていると、

こういった当たり前の日常にどれほど感謝しないといけないのかを

思い知らされることが本当に増えました。

「ないもの」をフォーカスしてしまっても、すぐに「あるもの」をフォーカスに切り替える

この思考のトレーニングは忘れないように、何度も何度も繰り返していこうと思います。

笑って、金運アップにつなげる。

この本にも書かれていますが、「笑う門には福来たる」は真理のようです。

笑いは金運をはじめ、あらゆる運気を良くしてくれて、

その上病気に対する免疫力も上げてくれるので、

とにかく大声で笑いましょうと書いています。

怒りや不愉快な思いをすることがあった時には

「笑う」は難しいかもしれませんので、

そんな時は「ふーん」と心をニュートラルにして、過度に注目しないのがいいようです。

実際私も嫌なことがあったりしたら、頭の外側に見えないベールをまとって

自分の呼吸だけを意識するを徹底することで、感情的になるのがずいぶんと減りました。

そして、暗い人やネガティブな人に同調せずに、表面だけでもニコニコするだけで

少し溝のあった人間関係も良くなってきて、お仕事もしやすくなってきました。

結局、自分が笑っていると相手も変わっていくので、運気が上がる

とてもシンプルな法則だということには納得できて、これはおすすめの方法だと思います。

お金を生み出すのは意外と簡単?

ここではアイデアさえあればお金は稼げるということについて書かれています。

お金を生み出すというのは、

ニーズ(必要としていること)の他にウォンツ(欲しいと思われること)

の価値が満たされることで対価が支払われること。

そこで、大切なのが「お金の法則」に従うことになってきます。

「お金の法則」とは第1章でまとめた記事の中に書いていますが、

「お金の法則」 お金を得たいなら、お金を廻すこと。

ワタナベ薫さんの本を読んで私が変わったこと。【お金の法則編】
ワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読んで私が変わったこと。 先日の...

具体的にどのようにすればいいのかは、

「お金を得たいなら、お金を廻す。」と同じように

お金を得たいのなら、

「お客さまが持っているニーズとウォンツ以上の価値を与えること。」

だとワタナベ薫さんは言っています。

そのためには内容の詰まった価値を提供していくことが大切になってきます。

そして、そのためにはアイデアの質を高めて増やしていく必要があるのですが、

アイデアの質は、インプットの量に比例します。

自分を高めていけるように何かいいアイデアはないかと本を読んだり、

多くの人と話すようにしたり、

いろいろな所へ出かけるようにしたりしています。

前回の記事から1か月以上の更新ができていませんでしたが、

この間に私にとって、いろいろと考えさせられることがありました。

これはまた次の記事で書いていこうと思いますが、

アイデアでお金を稼ぐことができるというのは、今は本当のように思えるようになりました。

いつも心地良い感情でいること。

そして最後のルールは「常に心地いい感情をチョイスすること」になります。

お金を引き寄せるためのための39個のルールが書かれていましたが、

お金を引き寄せる仕組みはとてもシンプルなことのようです。

「私にはある、私は持っている」だけを意識してそれを思い込むだけ。

「ない、持っていない」を思ってしまっても

すぐに打ち消して、また「ある、持っている」に意識を切り替える。

それを何度も何度も繰り返して潜在意識に刷り込むと、いつの間にか

行動が変わり、環境が変わり、将来が変わっていくようになっていきます。

環境を変えられるのは動物や植物にはない、人間だけが持つ特権であって、

それには理性を働かせて、心地いい感情にすることだけに集中していくようにします。

自分を上手くコントロールして運勢を上げる。

以上、何回かに分けてワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」

を読んで、私なりにまとめてみました。

そして、この本を読み終えて一番に思ったことは、

とにかくどんな時でもポジティブな気持ちでいること。

そうやって、初めは慣れないとしても徐々に慣らしていきながら

自分の感情をコントロールしていくと、次第に運勢は上がっていくようになるんだというのは

この本をきっかけに今私が確信していることです。

スポンサードリンク