収納を減らして持ち物を厳選する。その2

先日のこと。

洗面所とキッチンの収納を一つずつ減らしただけで、複雑にごちゃごちゃとしていた要素が

なくなって、ずいぶんとスッキリしました。

シンプリストを目指して、暮らしの要素を単純化しようとせっせと片付けを続けてみた

ものの、スカッとした達成感があるようなないような気持ちになっていましたが、

収納を一つ減らすだけで、少しだけど、それが解決しました。

今度は先日断捨離したばかりですが、今思うとまだまだスッキリとはしていない

押入れの収納を減らしてみようと思います。

スポンサーリンク

無意味だった押入れの断捨離?

再び押入れの襖を全て外して、作業開始です。

断捨離したと言ったものの、実際押入れの中では、

パズルのように並べた衣装ケースやダンボールはそのままでした。

前回はそれら収納の中身だけを処分しただけなので、ここも同様に一見スッキリとして

いても、押入れの中の空間はあまり余裕がない状態です。

ダンボール一箱分だけでも処分できたら、もっとスッキリするはずです。

そのまま残しておいた衣装ケースとダンボールの中身をもう一度見直します。

季節によって変わる断捨離の基準。

結構な場所を取るプラスチック製の衣装ケースには、

夏用のシーツと掛け布団が2枚ずつとフリースのひざ掛け、ずっとお気にいりで使っていた

キルトカバーが2枚ずつ入っていました。

夏用のシーツや掛け布団はもしも洗濯して乾かなかったらと思い予備に置いていましたが、

この夏も結局一度も使わず済みました。

なので、予備のシーツと掛け布団はここで処分します。

キルトカバー2枚のうち1枚はとてもきれいだったので、娘の部屋で使っていたもの

古いカバーと変えました。

なので、古い2枚のキルトカバーはここで処分します。

フリースのひざ掛けは15年前に買った子供用のもの。

可愛い柄付きのひざ掛けもここで処分します。

そして、普段使わずにずっとしまっておいた座布団が4枚。

ラグがなくなったリビング、寒くなってきたらどうしようと思っていましたが、

この座布団を冷え防止のために使おうと思い、押入れから出しました。

これは、シンプルな座布団カバーに変えてラグがわりに活用しようと思います。

また高さの調節用に置いていた夫の枕が2つ。

最近はもう高い枕はきつくなってきたと言うので、これも処分します。

それだけで衣装ケース1つとダンボール2箱分が空になりました。

押入れにしまっているものは、かさばる布ものが多くて、もしかして使うかもって

思いがちでしたが、よくよく考えたら何年も使っていないものばかりで、思わぬ盲点でした。

かさばる布ものはひとシーズンが終わって、使ってなかったらずっと使わないものって

判断した方がいいかもしれません。

収納を減らした押入れのおかげで。

衣装ケースはそのまま残して、処分できなかったダンボールの中身をそこに移すと

最終的にダンボールは5箱分も処分できました。

これで押入れの半間一段分のスペースが空きました。

このスペースにあう押入れハンガーラックを買って来て、和室に置いていた洋服タンスの

洋服を全てここに掛けます。

すると今度は洋服タンスが空になりました。

この洋服タンスはパイン材で作られたお気に入りのものなので、さすがに処分することは

できず、娘に使ってもらうことにしました。

娘の部屋にはクローゼットがなく、乱雑に掛けられたパイプ製のハンガーラックの洋服と

中身の割に無駄に大きすぎた木製の引き出しタンスの衣類は

その洋服タンスに全て収納できたのできました。

今まで使っていたパイプ製のハンガーラックと引き出しタンスはここで処分します。

おかげで、ごちゃごちゃしていた娘の部屋もスッキリと広くなり、掃除嫌いの娘も大喜びで、

つぎは机周りまできれいに片付け出しました。

収納を減らせば一気に部屋は片付く。

今回の成果、和室の押入れにあったダンボールが5箱、娘の部屋のハンガーラックと

小さなタンスの収納を減らすことができました。

部屋をスッキリとしたいから、きちんと収納してしまい込むと

ずっと思い込んでいた私の収納に対する概念。

でも、収納がある限り、片付いたと錯覚するだけで、実際には不要なものまで

しまい込んでいることもあります。

今までは余っていた床や壁のスペースはデッドスペースと思い込んで、

いかに上手に収納に生かすかとばかり考えていました。

でも今回はその逆で、収納を減らして、デッドスペースだと思っていた床や壁のスペースが

顔を出したことで、部屋はスッキリとして、心にも余裕が生まれるようになりました。

お気にいりのものだけに囲まれてシンプルに暮らす。

まだまだ道のりは遠いのですが、少しだけ近づくことができて、なんだか嬉しいです。

別記事

収納を減らして持ち物を厳選する。その1

収納を減らして持ち物を厳選する。その1
シンプルライフに憧れて、片づけてもなかなか部屋がすっきりしないのは、片づけようとする場所があるからで、収納自体を減らすようにしたら、まだまだあった使わないもの、余分なものが見えてきて、本当に必要なものだけがのこるので、部屋の中がずいぶんとスッキリとしました。

スポンサードリンク