見えてきた私の目指す「シンプル&リッチライフ」。

スポンサーリンク

まずは「シンプル」ライフを具体的に実践してみる。

これから暮らしのテーマが「シンプル&リッチライフ」と決まったところで、

まずはもっと家の中を「シンプル化」していかなければなりません。

そこで、一番過ごす時間が多いところ、リビングとダイニングから片付けていきました。

家族には、そこに乱雑に置いてある自分たちの私物を各自部屋へ戻してもらうことから

協力してもらいました。

それだけでもかなりスッキリとしたのですが、モノ自体が減ったかというとまだまだです。

「シンプルライフ」の根本的なテーマ。

シンプルライフとは、

「暮らしの要素を単純化して、統一感のある暮らしを実践すること。」

この表現の仕方が私にはとても共感できて、これならできるかなと思えました。

もちろん表現の仕方はさまざまで、

他の記事では、

「余計なものを減らしていって、過分な買い物はしない」

また別の記事では、

「物質的なもの、お金の執着をなくすこと」

と書いているものもありました。

どの記事も「モノを減らす。モノを増やさない。」という

根本的なテーマは同じのように思います。

理想的な「シンプルライフ」の形が見えてきました。

そうなると、ただA地点からB地点にモノを動かしただけの片付けでは

「シンプルライフ」にはなかなかたどり着けません。

モノを減らして、執着をなくす。

でも、これだけに焦点をあてていると、私の場合、徹底的にやってしまう性格なので

いつの間にか「ミニマリスト」の域に達してしまいそうです(-_-;)

私が目指すのは「シンプリスト」。

なので、ある程度のモノへの執着は持っていたいと思っています。

例えば

「愛着のあるものだけを残して、それを大切に使い続ける。」

家にいる時はまわりを見渡すと「好きなもの」「お気に入りのもの」

だけが目に入る。

そんな暮らしが私の理想とする「シンプルライフ」です。

実際に取り組んでみると、見えてきた現実。

「シンプリスト」を目指して、やるべきことがわかってきました。

そして、今うちにあるものを仕分けしていきます。

すると、「愛着あるもの」があまりにも少ないのに気が付いたのです。

驚きました(-_-;)

すでにうちに置いてあるモノの我が家に来た基準はというと

「価格の安いもの。」

「手に入りやすいもの。」

たしかに普段使ったりする分には何の問題もなく、便利だと思っています。

でも、そんな基準で使っているものにすべてではありませんが

愛着をもつというのは、かなり厳しいです。

我が家を陣取っている、洋服や靴や家具や食器なども

ここで愛着のあるものだけを基準にして捨てていくことになったら

とても悲しいですが、大半を処分しないといけなくなります。

片付けに思い切りは必要ですが、そこまでの勇気がまだまだ出ないので

取り合えずは家族4人が生活する分には困らない程度のものを残しつつ、

暮らしを複雑にしている要素をなくしていって、

単純化にしていくことを目標に片付けをしていこうと思いました。

そして、これからは「愛着が持てるもの」を意識しながら吟味して、

モノを購入してしていき

我が家にあるモノ全てを「愛着が持てるもの」にシフトしていこうと思います。

少しずつ時間をかけて、私らしい「シンプル&リッチライフ」を目指していきます。

スポンサードリンク