先延ばしにしていた4つのこと。

先日のNHK「スーパープレゼンテーション」を観て私が感じたこと。

先延ばし達人の頭の中は。

テーマは「”先延ばし達人”の頭の中」と私にとって生き方を考えさせられたような

とてもいいきっかけになった内容でした。

スポンサーリンク

「スーパープレゼンテーション」を観て、ハッとしたこと。

アメリカで人気のブロガー、ティム・アーバンさんはハーバード大学を卒業した秀才です。

その彼が物事を先延ばしにする人の頭の中をなんともコミカルに説明した後に

人生90年間をマス目で表して、それを塗りつぶしていくと、残りの人生を可視化できる

ライフカレンダーをしっかり見て、自分自身がずっと先延ばしにしてしまっている物事を

もう一度しっかり考えてほしい。

といった内容で、自身のプレゼンテーションを締めくくりました。

今私が真っ先に思いつく先延ばしにしている大切なこと。

私が今先延ばししていること。ポンポンと出てきます。

生活習慣のこと。健康のこと。暮らしの見直しのこと。家計のやりくりのこと。

これは、いずれ絶対に手に付けないといけない、解決しないといけないと

ずっとわかっていながら、面倒だから、不安だから、しても無駄だと思うからなどと、

勝手に自分に都合のいい理由をつけて先延ばしにしていたことばかりです。

こうやって大切な物事を全て後回しにして、私はこうなりたい私はこうしたいと

理想ばかり言っている自分が本当に恥ずかしくなりました。

そして、その先延ばしにしていることをきちんと解決させていかないと一歩も

前に進めないし、ここで強い意志を持たないといつ持つのか?ということに初めて

気づかされました。

1つめは、生活習慣のこと。

何年もの間、先延ばしにしていること。

それは毎日の飲酒量の改善です。

家事を終わらせて、自分へのご褒美かのように飲むのが一日の中で一番の楽しみなのですが、

元々お酒が強いのもあって、一日あたりの飲む量が多いので、健康や家計のことを考えたら、

止めてしまうのは無理でも、もう少し控えるべきです。

ここは強い意志を持って、量を半分にしようと思います。

そして、メンタルを鍛えて、毎日お酒を飲まなくてもいいようにしていきたいと思います。

2つめは、健康のこと。

とにかく運動不足なのと加齢のためか体ががちがちに硬く、あらゆる関節が痛いので、

ストレッチ運動と筋力アップの運動を5分でも10分でもしていく。

ここも強い意志を持って、毎日続けようと思います。

そして、お風呂や歯磨きのように習慣していきたいと思います。

3つめは、暮らしの見直しのこと。

細々とした、小規模な片付けはずっとしてきましたが、シンプルな暮らしになってきたかと

言われるとほど遠く、暮らしの中の複雑化した要素はまだまだ残っています。

全く持って、表面的にしかできていません。

もっともっと「なくても困らないもの」「今の我が家にはふさわしくないもの」

はあるはずです。

実はうちに普段はほとんど開けることのない押入れがあります。

ここも強い意志を持って、次の休日にその押入れの扉を全部外して、処分していこう

と思います。

4つめは、家計のやりくりのこと。

毎月の決まった収入は右から左に出ていくことに、どうせ家計簿を付けてても一緒だと、

いつも逃げていて、家計を管理することをずっと先延ばし状態でした。

きっちりと家計簿をつけるは難しいかもしれませんが、

ここも強い意志を持って、収支の流れを把握して、無駄遣いはしていないかを

毎月チェックしていきたいと思います。

そして、無駄な支出の分をしっかりと貯蓄または投資に使っていこうと思います。

考えたら、もっともっと先延ばししていることがでてくると思いますが、

今私の中で一番気掛かりに思っていた、この4つのことを実践していきたいと思います。

スポンサードリンク