5分刻みの作業で朝からがんばれる理由は。

スポンサーリンク

朝の5分でできること。

慌ただしい朝の5分とゆったりした夜の5分。

同じ5分なのに、使い方や過ごし方、過ぎていく速度などが、ずいぶん違う気がします。

そして、私にとって今、朝の5分はとても貴重で有意義な時間になっています。

夜の5分と違って、うそのように朝の5分ならテキパキと動けるから不思議です。

たぶん何時まで家を出て、何時までに出社しないといけないという

タイムリミットみたいなのがあるからだと思うのですが、

朝のその5分でこれとあれをやってしまおうみたいな

私の中で小さな目標を立ててみました。

まずは朝一番にトイレ掃除。

これはもう当たり前のように言われていますが、

朝最初の5分でトイレ掃除をします。

その前にペットのうさぎのトイレから始めます。

そして、家のトイレをしていくのですが、便器磨きとタンク、壁、便器、床と一気に

拭き掃除をしていきます。

トイレクイックル両面を使って、隅々まで拭いても5分で十分です。

ここでひとつ付け加えたことがあるのですが、

その時に「ありがとう」の気持ちをのせて掃除します。

ちょっとしたおまじない感覚で、昔流行った「トイレの神様」が訪れますようにと。

それだけでも少しテンションが上がるから、不思議です。

いい気が入ってくるようにと玄関の拭き掃除。

その次は玄関を掃除します。

まず、三和土に出ている靴を下駄箱に入れます。

そして、ドア、壁、下駄箱、三和土の順番に拭いていくのですが、

ドアは取っ手の部分もしっかりと拭いて、下駄箱も開けて中の空気を入れ替えます。

本当は塩水で絞った雑巾で拭いたほうがいいと言いますが、私は普通のお水で

拭いています。

この時も「いい気が入ってきますように。」だけを考えてていねいに拭いていきます。

次はリビングや廊下、キッチンなどフローリング部分だけのワイパー掛けをしていきます。

ここも5分以上はかけないでササッと済ませます。

最後に私たちの寝室の掃除も寝床を整えて、床をワイパー掛けして終了です。

我が家は3LDKのごく一般的な間取りのマンションなので、階段などはなく、

広いリビングでもないので、ここまでのお掃除が約20分でできます。

こうやって5分刻みにしていって、その作業をルーティンにしていくとそれが当たり前に

なって次第に習慣化していきます。

もはや朝の洗顔や歯磨きと同じくらい、それを済まさないと気持ち悪くなります。

確かに今日は面倒くさいなと思う時もありますが、そのルーティンを終えた後は小さな達成感

があって、何より気持ちがスッキリしていい一日を送れるような気になります。

毎朝がんばれる理由はこれです。

その後はお弁当作りと朝ごはんの用意をして、出社のための身支度をします。

全ての朝のルーティンが終了すると、ちょうど午前8時です。

急いでNHKをつけて、「朝ドラ」をコーヒーを飲みながらゆったりとした気持ちで観ます。

NHKの「朝ドラ」はたった15分しかないけど、毎回毎回必ず、心に残るシーンがあったり、

人生について考えさせられたりします。

そして、何より癒されます。

もしかしたら、私の場合、朝からモチベーションを上げていけるのは

このNHKの「朝ドラ」があるためかもしれません。

こうやってなんでもいいので、やり終えた後の小さなご褒美や

何時何分までに終えるなどタイムリミットを決めておくと、

全くそれがない時と比べてもはるかにやる気は変わってきます。

特に追い詰められないと動けない私には効果大です。

スポンサードリンク