ワタナベ薫さんの本を読んで私が変わったこと。【お金の流れを変える編】

ワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読んで私が変わったこと。

先日の第3章をまとめた【お金が廻る9つの習慣編】に続き、

次は第4章を【お金の流れを変える編】としてまとめてみました。

お金の流れを変えるには7個のルールが挙げられています。

スポンサーリンク

悪くなったお金の氣の流れを変えるルールとは。

第4章では、お金をエネルギーと例えて、

エネルギーすなわち「お金の氣」の流れが悪くなった時に、

その流れを変えるにはどのように行動や思考を変えればいいのかが書かれています。

1. 「家の中をきれいに掃除すること」

2. 「求められる以上の価値を与えること」

3. 「勉強をする」

4. 「好きなことを徹底的に継続する」

5. おかげさまの気持ちと感謝の心と与える精神

6. お金持ちの人とお付き合いをして、自分もお金持ちだと思いこむ。

7. 心の余裕を持つ。

ルール1~ルール4は「行動」にまつわること、

ルール5~ルール7は「思考」にまつわることが書かれています。

お金の流れを変えるための「行動」とは。

1. 「家の中をきれいに掃除すること」

やはり、きれいに部屋を片付けることで、風水と同じように「氣の流れ」が良くなり、

同時に「お金の流れ」も良くなるということにつながります。

その他に「キレイを習慣化」することで、管理能力が身につき、

そうなるとお金の管理もできるようになるといった間接的な効果につながるとも

書かれています。

2. 「求められる以上の価値を与えること」

お金というものは自分が出しているエネルギー分でしか入ってこないとのこと。

今自分が置かれている環境で、不満を言うよりも、求められている以上の働きをすることで

初めてお金のステージがあがるというのは絶対的な法則なのだそうです。

3. 「勉強をする」

高所得者の約8割の人が勉強習慣があるそうです。

勉強で得た知識はそのままにするのではなく、

それを噛み砕いて、考えて、心に落とし込んで、最終的に自分のものにする。

今度はそれを知恵に変えていき、その知恵を生活の中で活かしていくことで、

収入につなげていくというのが全体的な図式になるようです。

4. 「好きなことを徹底的に継続する」

これを極めることは「天職」をみつけるきっかけになるようで、

自分が好きだと思うことにはお金、時間、エネルギーをできるだけ使って、

その分野の専門家になって情報発信することが天職の基盤だと書かれています。

お金の流れを変えるための「思考」とは。

5. おかげさまの気持ちと感謝の心と与える精神

これはお金が豊かになる仕組みとなります。

前章からずっと書かれている「お金を廻すことでお金を引き寄せる」には、

「おかげさまです。」「ありがとうございます。」といった、見返りを求めずに

謙虚な気持ちと感謝の気持ちをのせて人に与えること。

そうすることで、また自分に返ってくる。

これが絶対的な「お金の法則」のようです。

6. お金持ちの人とお付き合いをして、自分もお金持ちだと思いこむ。

例えば、テレビや映画で悲しいシーンを見ると涙が出てきたり、

スポーツを観戦していて興奮したりすることがあるのですが、

これは他人のことを自分に置き換える能力を担っている脳の中にある

「ミラーニューロン」という神経細胞が反応するからだと言われています。

この反応を利用して、お金持ちの感情だけでなく、お金持ちの行動や考え方までもを

無意識のレベルで真似をしていき、それを強く思いこんでいくようにしていくと、

その強い思い込みでお金は思いこんだ通りの流れ方をするようなのです。

7. 心の余裕を持つ。

心の余裕がある人は自分以外の物事が見えて、感謝の気持ちや気遣いの気持ちが常にあり、

それによってお金の余裕にもつながると言っています。

ないものを見るのではなく、今あるもの、今持っているものにいつも集中して、

感謝の気持ちを持ち続けるようにしましょう。と書かれています。

ルールに沿って「行動」を変えてみた結果。

 ・読書の時間が増えた。

 ・これからの人生について考えられるようになった。

 ・仕事にやりがいを感じ始めた。

 ・このブログを充実させていこうと思った。

 ・天職を見つけることができた。

風水をきっかけに家の中の片付けをやり始め、環境がスッキリと過ごしやすくなると、

今まで以上に読書の時間が増えてきました。

そうなると自分の人生観みたいなものをしっかりと考えられるようになっていました。

仕事について言えば、今は会社員として朝から夕方までフルタイムで

ルーティン化された業務を黙々とこなしていくことだけで精一杯で、

おそらく会社も私にはそれ以上のことは求めていないように思っていました。

ですが、今の職場で今までの業務とは別に何か私にできることがないだろうか

と模索中であるものの、そのためにやりがいみたいなものを感じるようになりました。

勉強については、このブログを書き始めたおかげでインプット作業がとても増えたのですが、

仕入れた知識を知恵に変えられているかというと、まだまだで、書きっぱなしではなく、

繰り返し読み直して、充実させていこうと思います。

天職については、今、少ない収入ではありますが、

趣味の延長みたいな作業を5年ほど続けているのですが、

週末や休暇を使って、この作業をしている時は時間を忘れるほど、

ずっとワクワクした楽しい気持ちでできて、できれば、

おばあちゃんになっても続けていきたいと思っている仕事なので

言ってみればそれを「天職」にしていければと思っています。

ルールに沿って「思考」を変えてみた結果。

 ・心に余裕が持てるようになり、その分視野がとても広くなった。

 ・利益になる情報をキャッチしやすくなった

 ・素敵な出会いが一気に増えるようになった。

お金の流れをよくするには、やはり「感謝の気持ち」が重要になってきます。

たまに読む経済紙の記事でも、成功している実業家の方々が

「感謝の気持ちの大切さ」を口をそろえて言っているのがわかったような気がします。

こうやって、運のいい人、お金持ちの人の多くが「感謝の気持ち」を持ち続けている

ワタナベ薫さんの本を読んで私が変わったこと。【お金の法則編】
ワタナベ薫さんの本「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読んで私が変わったこと。 先日の...

ここにもそして、

小林正観さんの「運命好転十二条」でわかった私の今後の課題。
運命を好転するために守るべき12個の項目が書かれた小林正観さんの「運命好転十二条」という本。守るべきことはひとつずつは難しいものではありませんが、ストレス社会で生きているうちにどうしても忘れてしまいがちなことばかりなので、それらをひとつずつ思い出しながら感情をコントロールしていくのが今後の課題だと思います。

ここにも書きましたが、とにかく今は先にネガティブな思考になっても即座に

「ありがとう、ありがとう」と呪文のように心の中で唱えるようにして、

ネガティブな思考を追い出すトレーニングをするようにしています。

「お金」をテーマに書かれたこの本ですが、この本を何度も読み返しているうちに

今回私は貴重な縁に何度も触れて、考えてもなかった不思議な体験をしました。

お金だけではなくて、すべての運気がいい流れになってきていると信じて、

今は自分がやるべき目の前のことをコツコツとしていこうと思っています。

第4章 お金の流れを変えるについてのまとめ

<第4章の内容のまとめ>

1.部屋などの環境をきれいに片付けて、思考をシンプルに自己管理しやすいようにする。

2.求められている以上の価値を与えて、エネルギー値を上げる。

3.知識を知恵にかえるような勉強の習慣をつける。

4.好きなことを徹底的に継続する。

5.謙虚な気持ちと感謝の気持ちを持って、与える精神を持つ。

6.お金持ちの人とお付き合いして、その運にあやかる。

7.今あるもの、持っているものに集中して、心の余裕を持つ。

実際に、少しずつ私も実践していて、すごく大きな変化ではありませんが、

「あ~これは、引き寄せてるなぁ~」といった小さな体験をすることが本当に増えました。

これらは決して難しいことではなく、

ほんの少しだけ、視点を変える程度にできるものばかりなので、

肩に力を入れることなく、自然に続けていけそうだなって思っています。

スポンサードリンク