素敵な50代を迎えるために。

はじめまして。hanaと申します。

私はあと少しで50歳を迎えるアラフィフ主婦で、家族は夫と学生の長男長女の4人家族です。

平日は会社員として事務のお仕事をしながら、家では食事の用意や掃除洗濯など家事をして、

毎日を何かしらとバタバタとして過ごしています。

健康面は今のところ何の問題はないのですが、ここ数年おそらく45歳をすぎてからだと思う

のですが、急激に若いころと違って身体的にも精神的にもいろいろと変化を実感するように

なりました。

そうなると何事もネガティブに考えがちになってしまい落ち込むこともしばしばあります。

でも、できるだけポジティブな気持ちでこれからの人生は過ごしていきたいと

心から思っています。

なので、自然の摂理から背を向けずに素直にそれを受け止めるためにも、日頃から少しずつ

外面も内面も鍛えていかないとだめだなって思っています。

スポンサーリンク

消費するためだけで過ごしてきた40代

そうは思っていても一日なんてすぐに終わり、そう言っているうちに一週間が過ぎて、

気が付いたら一カ月が過ぎていて、あっという間に年明けが来てしまっています。

らあらと言っている間にまた歳もどんどん取っていきます

今年の6月のことなのですが、ずっと耳の下に持っていた唾石が大きくなってきて、

それが顎の下に下りてきました。

顎下腺唾石症の手術と入院生活。
10年前からあった耳下腺の唾石が大きくなって顎の下まで下りてきたせいで、辛い痛みと腫れが起こり、その唾石の摘出手術することに。おかげさまで安定した5日間の入院生活はゆっくりと読書を楽しみ、これからの人生をいろいろと見直すことができました。

腫れと痛みがひどくなってきて、日常生活もお仕事もできなくなっていたので、急きょ手術で

摘出することになり、5日間ほど入院したのですが、入院中は幸い体調が良かったので、

その時に気になっていた本を本当に久しぶりにたくさん読むことができました。

そしてそこでは、いろんなことが学べたり、気付かされたりして、大げさかもしれませんが、

私の中では、ターニングポイントになったかのような入院生活になりました。

退院してからは、健康であることに感謝しながら、もう思うだけではなくて、

実践的に外面も内面も鍛えていこうと決めました。

40代になって今まで、家庭のことや仕事のことなどでいろいろありすぎて、それこそ

記憶にないくらい慌ただしい毎日を過ごしていました。

確かにたくさんの経験をしてきたので、その分私自身の経験値はその間にかなり上がったとは

思いますが、その貴重な経験はただ私の中に残っているだけで未だ何かに生かせていません。

ただ毎日を消費することばかりしてきて、そんな経験をもとに将来のために何か建設的なこと

をしてきたかと言われると、自信をもって「いいえ」と言えます。

もうすぐ迎える50代に向けて

私には叶えたい夢があります。それはマイホームを持つことです。

たぶん多くの人がもう叶えている夢だと思いますが、私はなかなか叶えることができません。

その夢に近づこうとしたら、必ず邪魔が入ってしまい、悲しいことに目の前でごっそりと

摘み取られてしまいます。

きっと、前世でその夢に関することでなにかとてもひどいことをしたかなって思うくらいに

見事にうまくいきません。

加えて、それを叶えたい叶えたいと思うだけで、私自身はその夢の実現のための努力は

というと何もしていなかったので、たぶんこのままだと一生叶うことはないでしょう。

その夢のこともそうですが、先に書いた年齢を重ねていくこと、それに伴う身体や

精神的な変化のこと全てを前向きにとらえていくためには、今私自身がやるべきことを

しっかりと見つめなおして、少しずつ努力を積み重ねていかないとなあと思います。

迎える50代のために自分のテーマを考えてみる。

これからは私の人生のテーマみたいなものをじっくりと考えてみました。

そして、そのテーマに沿うように自分に小さな課題を出していって、それをひとつずつ

クリアしていく。

そうすると、もしかしたらそのマイホームを手に入れる夢にも到達して、それに伴って

ポジティブな歳のとり方ができていたなんてことを期待しながら、取り組んでいきたいなぁ

って思います。

そして、残った40代は一日一日を大切にていねいに過ごしていきながら、いろんなことに

チャレンジしていき今度迎える50代は40代よりは自信のもてる生き方ができるようにしたい

と思います。

このブログでは少しずつステップアップしていけるように日々の暮らしで気付いたことや、

努力してみたこと、もしくは成功したことや失敗したことなどを綴っていって、

今後のための備忘録みたいになればいいなと思っています。

スポンサードリンク