自宅でauからワイモバイルへの乗り換え。

ソフトバンク「Air」を契約して、おうち割光セットが使えるようになってデータ通信料と

夫のソフトバンクと私と娘のワイモバイルの月額料金も安くなって、家計を圧迫していた

わが家の通信料金はシンプルでスッキリとしてきました。

次は長男の携帯電話の見直しをしてきます。

息子はその時データ通信量を重視したためにauで契約して、月々の支払いは7000円弱。

今のデータ通信量には全く問題なく使いやすいと言っていますが、これだけ私たちの料金の

見直しができてからの息子の7000円はやはり高額です。

とは言っても契約期間がまだ4カ月残っていて、auではiPhone6Sに乗り換えたために

機種代金が10000円ちょっと残っています。

スポンサーリンク

違約金を払ってでも、ワイモバイルの方がお得?

私としては違約金を払ってまでと思っていたのですが、長男がいろいろとシュミレーション

したところ、違約金を払ってでも、今の時点でワイモバイルに乗り換えた方が長い目で

見たら得だというのです。

というのも、なぜこんなに息子が必死になって調べ始めたかというと、

半年前に不注意で落としたiPhoneの画面にヒビが入って液晶が見にくくなったということと、

いろいろと使い勝手のいいアンドロイドスマホを持ちたいというそんな下心があったため

だったのです。

本当はXperiaが欲しいけど、そんなこと口が裂けても言えないと思っているからか、

そこはかなり譲歩してワイモバイルで取り扱いのあるHUAWEIのP10 liteにしてみたい

提案してきました。

そしてたまたまなのですが、SIMフリースマホのHUAWEIのP10 liteとSIMのセットが

オンラインストアでちょうどタイムセールをしていて、本来は18000円弱するのが、

10000円ジャストで販売されていました。

このオンラインストアで申し込みをすると、わざわざ店頭までいかなくても全て自宅で

スマホの乗り換えができるそうで、これはかなり助かります。

そして、比較のための料金の詳細を書いて見せて説明し出し、もう必死です。

残ったiPhoneの残金分は売って何とか賄えるとして、やはりこのタイムセールのタイミングで

購入して、ワイモバイルに乗り換えた方が得だということはわかりました。

というかもう根負け状態です。

auからワイモバイルへの乗り換えを自宅でします。

早速、auに電話をしてMNP(ナンバーポータビリティ)の予約番号を取得します。

ここは名義人である私が対応したのですが、auに引き留めるためにお得プランやクーポン

などいろいろと提示してきます。

その引き止めのためのサービスを聞いている私は「あら、お得ね。それなら~」とすっかり

とその気にさせられますが、息子は傍らで首を横に振ります。

そして、auのオペレーターから予約番号を聞くのですが、

この番号は15日間の有効期限があって

ワイモバイルのオンラインストアで手続きする場合、13日間の日数が必要だそうで、

残り2日間のあいだに切り替えるワイモバイルの申し込みをしないといけません。

欲しい商品もサービス内容も決まっていたので、そのまますぐに申し込みです。

さっき聞いた予約番号など必要事項を入力して、名義人である私の運転免許証と支払いのため

のクレジットカード、使用する息子の身分証明書はたまたま修学旅行で作ったパスポートと

それぞれの画像をアップロードします。

この手続きをしたのが9/28の夕方でした。

10月分の使用料を発生させないためにもどうしても9/30までに全ての手続きを完了しない

といけないので、こちらも必死です。

この時点で私と息子はそれぞれに別の勘違いをしていました。

まず私はというと、

このMNP(ナンバーポータビリティ)を取得した時点申し込みの時点でauの解約の手続きも

同時に完了したという勘違い。

息子はというと、9/28に申し込んだのだから、翌日の9/29に端末が届くという勘違い。

なので、この時二人ともが9/30までにはauの解約は成立すると安心していました。

ところが実際のところ、auの解約は注文した端末が届いた時点で、ワイモバイルの事務局に

電話して回線の切り替えを実行してもらってからはじめて成立するということ。

そして、端末は翌日発送と書いていても、実際には審査が通過した日の翌日に発送という

意味で、実際は9/29発送の9/30到着になる。

息子は最悪9/30の午前中に端末が届けば間に合うと思っていたみたいなのですが、

お昼を過ぎても届かなかったので、焦った様子で近づいてきて、この時に初めて私に

auの解約の流れを説明し出して、ここで私もまだ解約が完了していないことを

知るのでした。

そして、回線の切り替えの当日受付は13時までで、それ時間を過ぎると翌日の切り替えになる

と言うのです。

ということは13時までに回線の切り替えを受け付けてもらわないと、9/30付けでの解約に

ならない。

時計は15時を過ぎていました。

このままなら、10/1に解約となり、1か月分無駄にauの使用料が発生してしまうので、

私ももう必死です。

とにかく心を落ち着かせて、端末はまだ届いてなかったのですが、すぐにワイモバイルに

電話をして事情を話したら、回線の切り替えは当日付けでできるということで本当に

やれやれな思いでした。

ちゃんと本日中に切り替えたと確認を取って、電話を切りしばらくすると、今までの携帯は

圏外に切り替わりました。

その後すぐに端末は無事に届き、息子は何事もなかったように設定を始めてなんとか一件落着

です。

わざとかしら?と思うくらいにややこしい携帯電話の契約内容

とにかく携帯電話の契約や解約、料金など本当に分かりにくい仕組みになっていて、

特に年齢を積み重ねていくと、そういうのはとても面倒になってしまい、担当者の言われる

がままにしてしまいます。

そして、いつの間にか払わなくていい使用料や全く使うことのないサービスに入っていたりと

知らないままそのままにしていたりしているので、この辺もわからないからとスルーせずに

自分きちんと調べて頭を使って、こまめに見直すクセをつけていかないとなって思います。

また、なによりどんなことが起きるかわからないので、月末ギリギリの手続きは今後しない

ようにしていきたいです。

スポンサードリンク