息子のセンター試験失敗の後に私がしたこと。

一浪中の長男。

1月のセンター試験、2月の一般試験ととりあえず志望校の受験は全て終わりました。

出願の時に何度も話し合いましたが、どうしても行きたい大学が一つしかなく、

他大学は併願せずに学内併願で受験することになりました。

行きたい大学が言えず浪人した長男の話。
不登校の妹のことを思い、東京の大学に進学したいとなかなか言えなかった長男がジレンマを抱えながら受験した地元の大学は全て不合格。結局浪人生になって、東京の大学を目指します。昔とは違い今の入試方法は複雑化していますが、しっかりと分析して合格しやすい方法を見つけるのが重要だとわかりました。

本命の学部は一般入試で勝負するということで、

センター利用はB判定の学部3つだけ出願しました。

そして、先日センター利用入試の合否の結果がでました。

スポンサーリンク

B判定だった合否の結果。

朝10時にその大学のホームページからログインして、

息子、夫、私の3人で息をのんで結果をみます。

結果というと、一つだけ補欠合格にかろうじてひっかかり、あとの2学部は不合格でした。

センター試験は後の自己採点で、思ったほどの点数が取れていなかったらしく

落ち込んでいたものの、予備校の先生にはほぼ合格は間違いないと言われていたので、

わずがの期待があっただけに、この現実に息子はもちろん一緒にいた夫も私も

ショックを隠し切れません。

なんて声をかけたらいいのかさえわからず、みんな黙りこくっています。

そして、一番最初に口を開いたのは息子でした。

「基礎が根本的にできていなかった。」と言います。

そして、私はその時に爆弾を落としてしまいます。

「まず勉強時間が少なすぎたね。」と。

私のその不用意な言葉に息子も夫も凍り付いてしまいます。

そして夫は「なんで、今そんなことを言うんだ!」と私を叱責します。

息子も「お母さん、信じられない…。」と言います。

私自身も自分で言っていて全身が冷たくなり、そんな自分に嫌気がさすのです。

余計なことを言ってしまった訳。

息子は息子なりにがんばっていたと思います。

ですが、この浪人中の一年で私がずっと気になっていたこと。

予備校をちょくちょく休む。

睡眠時間はきっちりとる。

気が付くとスマホをいじっている。

音楽を聴きながら、動画を流しながら勉強する。

もちろん24時間みっちり一緒にいるわけではないので、

私が仕事に行っている時や寝ている間の息子の様子は知りません。

ですが、この一年私の目に入っていきた息子は私が思う

受験生、浪人生には正直見えていませんでした。

ただ、親なのだから子供を信じてやらないとの思いを持って

息子に何も言わないと自分に言い聞かせていました。

実際は息子と夫曰く、「お母さんが端々に発する言葉にはいつも棘がある。」

と言われていましたが。

とにかく、その結果で私の中で何かが崩れてしまったのです。

その後は猛省して、息子にきちんと謝りましたが、

深く息子を傷つけたことに間違いはありません。

その後聞いた息子の気持ち。

今さらですが、滑り止めの他大学も一つは受けておけばよかったと後悔します。

ですが、息子は志望大学の受けた学部が全部だめでだったとしても、

別の大学には全く行く気はないというのです。

というのも、息子は奨学金で大学に通うことになります。

18歳にして、何百万円の借金を背負っていかないといけません。

悲しいことに私たち親は今は即金で大学に納入できるお金がすぐに用意できない。

なので一旦奨学金を使って、今後は私たち親も少しずつ一緒に返済していこうと

思っていました。

ですが、

息子はそんなことは一切思っていなくて、自分の力で返済していくつもりでいました。

なので、行きたくもない大学に何百万円も使えない。

本当に勉強をしたい学部のある大学しか受験しないと決めている。

と言います。

親のお金で高い授業料を払って、ふわふわと大学生活を送るよりはよっぽど嬉しい言葉です。

たぶん他の人に話したら、「いい子じゃないの。」って言ってくれるかもしれません。

ですが、おっとりした性格なのでしょうか。

受験生としての意識がもう少し。なのは否めません。

期待していた息子のやる気。

息子が受験した大学は東京にあります。

これは予備校の先生に聞いた話ですが、

「入学定員超過率の厳格化」と言って、入学定員数を多くした学校には私学助成金を

交付しないといったもので、都市部にある大学の学生を抑制する狙いもあるらしく、

特に東京都などは文科省がすぐそばにあるので、特にその入学定員超過率には

シビアであるといった話を聞きました。

それを聞いて、地元のある同じくらいのレベルの大学の方がもしかしたら入りやすいかもと

思い何度か話をしましたが、一向に耳を傾けてくれません。

なので、よっぽどの覚悟を持って受験勉強をするだろうと少しは期待していましたが、

実際は言葉に例えようのないモヤモヤした気持ちで私は過ごしていました。

一般入試の合否結果はその一週間後にわかるのですが、息子は当然として

私たち親もその間落ち着かない時間を過ごさなければいけません。

自分の気持ちを整理してみる。

長い長い一週間です。考えないでおこうと思っていても、仕事中も食事中も寝る前にも

ふっと「全部ダメだったらどうしよう・・・」なんてネガティブな気持ちがフッと湧いてきます。

私も実際に滑り止めの大学に落ちると言った全く同じ経験をしていて、

30年も前のことですが、本命の合格発表までたった3日間が地獄のように感じていたことを

今でも覚えています。

なので息子の今の苦しい気持ちは痛いほどわかっていながら、

親である私がもうマイナスなことしか考えられなくなってしまっていて

本当に情けない話です。

こんなネガティブなことばかり考えていては、良くなるものも良くなるはずがありません。

ためにならない思考のために無駄な時間を過ごすのはもうやめて、

先日書いたニューロロジカルレベルに今の心境を当てはめてみることにしました。

別の記事

ニューロ・ロジカル・レベルを使って娘の不登校と向き合ってみる。
高校一年生の娘が学校に行けなくなって1か月。そしてニューロロジカルレベルにたどり着き、調べているうちに娘を変えるというより、母親である私が変わらないといけないことに気付きました。まずはアウトカムを設定して、心と行動を一本化できるように試していこうと思います。

ニューロ・ロジカル・レベルを自分に当てはめてみる。
高1の娘の不登校で悩み、たどり着いたNLP(神経言語プログラミング)のニューロロジカルレベルのこと。娘を変えるより、自分が変わらないといけないことに気付き、私自身のことを当てはめることに。フワッと形はできましたが、ここから試行錯誤しながら実践していきたいと思います。

ニューロ・ロジカル・レベルの復習

ニューロ・ロジカル・レベルとは

人間の意識を6つの階層に分類したものを体系化して、自己分析をするのに使う

NLP(神経言語プログラミング)のモデルについて書かれていたもの。

を言います。

6つの階層に分類された人間の意識。

土台部分から、環境、行動、能力、信念・価値観、そして頂点が自己認識になり、

その5つのレベルでピラミッド型が作られます。

一番下にある環境レベルは外的要因が大きく関わるので、客観的な意識となり、

上の階層にいくたびに自分の内面に向かっていくので、主観的な意識になります。

下の階層の意識の対象が「周囲に対して」から、

徐々に上の階層になっていくと「自分に対して」という意識になるというわけです。

ニューロロジカルレベルに当てはめてみた結果。

前回は「娘の不登校」について、このニューロロジカルレベルに当てはめて

自分の気持ちを整理しました。

これが功を奏したのかは不明ですが、

私自身、娘のことに関してはとても前向きになり、

娘は本当に少しずつですが、心身とも健康になってきたかのように思います。

そして、遅刻や早退はありますがとりあえず毎日登校してくれるようになりました。

次は「息子の受験」について当てはめてみることにして、気持ちの整理をしてみました。

すると、今まで見えていなかったことがいろいろと見えてきて、一般入試の結果待ちの間

私の心はずいぶんと心が軽くなりました。

具体的な内容はこちらに書いてみました。

ニューロ・ロジカル・レベルを自分に当てはめてみる。【息子の受験編】
息子のセンター試験失敗の後、気持ちを整えるために実践したニューロロジカルレベル。そこで息子の行動や世間体ばかりに意識を向けて、焦りと苛立ちで受験勉強をしにくい環境を私が作り出していたことに気づきます。息子が自分の決めた進路に進めるように私が心穏やかになるように自分自身に意識を向けていこうと思ったら心が軽くなりました。

スポンサードリンク