ビタミンACE(エース)で活性酸素に負けない身体をつくる。

これまで、日光アレルギーのことばかり考えて紫外線対策をしてきましたが、

がんや動脈硬化やしわやたるみ、シミなど、私にとって日光アレルギーだけではない

重大なことにも関係していることを知り、日焼け止めをはじめ、

抗酸化力のある食品を積極的に摂って体の内側からも紫外線対策をしていこうとしています。

そんな中、豆苗はいつでも手に入り、しかも安価、そして抗酸化力のあるビタミンAと

ビタミンCがたっぷり摂れる優等生野菜だと知りました。

「豆苗」の抗酸化力で体の内側から紫外線対策をする。
しわやたるみなど老化の原因となる生活紫外線UV-Aは窓ガラスを透過して室内にまで届くので完璧に防止するのが難しく、紫外線を浴びると発生する活性酸素を取り除くために抗酸化力のある食べ物を摂っていこうと調べていると手軽に手に入る豆苗のパワーを知りました。健康にも美容にも効果抜群の豆苗を摂って体の内側から紫外線対策をしていきます。

スポンサーリンク

肌老化や病気を引き起こす過剰な活性酸素。

人体にとって有害な物質を多く含んでいる紫外線。

人はその紫外線を浴び続けると、その害から体を守ろうと活性酸素が発生して

その有害物質を攻撃しようとしてくれます。

ですが、活性酸素は不安定な性質があるために増えすぎてしまうと、

遺伝子のタンパク質を傷つけて、細胞に変異を誘発してがんになったり、

細胞膜を酸化して、過酸化脂質を発生させて動脈硬化を引き起こしたりします。

また、強力な酸化作用のある活性酸素からのダメージをこれ以上大きくしないように、

肌表皮の基底層にあるメラノサイトという色素細胞がメラニン色素を作って、

皮膚がんなどの重大な病気の発生を未然に防いでくれるのですが、

メラニン色素が過剰に作り出されて蓄積してしまうと色素沈着を起こして、

それがシミとなってしまいます。

もうひとつ、肌の奥にあるコラーゲンや繊維組織までもを酸化させてしまい、

ハリが失われてしわやたるみとなってしまいます。

活性酸素が増えすぎてしまうと、

・がんや動脈硬化などの生活習慣病の原因になる。

・コラーゲンを酸化させて、ハリが失われてしわやたるみになる。

・それに伴いメラニン色素が過剰になり蓄積して、シミになる。

もともと人の身体には

SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)

グルタチオンペルオキシダーゼ

といわれる活性酸素を無害化する酵素が合成されているのですが、

残念なことにその酵素も加齢とともに衰えていくそうなのです。

そこで、50歳を目の前にしている私のような年代は抗酸化作用のある食物を

積極的に摂取していき、活性酸素に負けないように身体作りをしていかないと

こういったさまざまなダメージを受けてしまうことになります。

抗酸化作用のある食べ物の代表格が、野菜や果物など植物性のものが持つ

ポリフェノールやアントシアニン、イソフラボン、カテキン、ルチンなどの

第七の栄養素といわれるファイトケミカル

「ファイトケミカル」で体の酸化をブロックする。
体が酸化することによって発生する活性酸素はがんや動脈硬化、老化の症状などを引き起こす原因になるので、抗酸化作用が強い野菜や果物が持つ栄養素ファイトケミカルを十分に摂るために皮やヘタ、芯も無駄なく摂取して酸化を防ぎ、生活習慣病予防とアンチエイジングを期待して続けていこうと思います。

ビタミンA、ビタミンC,ビタミンEを合わせてビタミンACE(エース)といわれる

抗酸化ビタミンを多く含んだものになります。

抗酸化作用のあるビタミンACEの相乗効果とは。

ビタミンA、C、Eはそれぞれに抗酸化作用をもつ栄養素なのですが、

ビタミンACE(エース)と呼ばれるだけあって、

それらを一緒に摂取するとなお一層の効果が得られるといわれています。

脂溶性ビタミンであるビタミンAとEはリン脂質で構成されている細胞膜

水溶性ビタミンであるビタミンCは体液にと身体中に存在して、

活性酸素の弊害から身体を守ってくれるはたらきがあります。

強い抗酸化作用のあるビタミンEは、摂取後、活性酸素と結びついて

自ら酸化してしまい、

抗酸化作用の効果を失ってしまうのですが、ここで、ビタミンC

そのビタミンEの作用をもう一度甦られせようとしてくれます。

そんなビタミンCとEのはたらきを長持ちさせる効果があるのが、ビタミンA

ビタミンAの酸化を防いでくれるのが、ビタミンEになります。

ビタミンACE(エース)を一緒に摂ることでお互いに作用を高め合いながら、

活性酸素を取り除いてくれます。

ビタミンAのはたらき。

・肌や粘膜の乾燥や角質化を防ぎ、健康に保つ。

・暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能に関わっている。

・発育を促進する。

特にレバーなど動物性食品に多く含まれる「レチノール」

緑黄色野菜など植物性食品に多く含まれる「βカロテン」

体内でビタミンAに変換されて、こういった作用を受けることができるのですが、

抗酸化作用があるのはβカロテンのみで、かぼちゃやにんじん、ほうれん草、さつまいも

などといった色の鮮やかな野菜に多く含まれています。

ビタミンCのはたらき。

・体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンを生成する。

・シミのもとであるメラニン色素を抑制する。

・ストレスへの抵抗力を強くする。

・鉄分の吸収をよくする。

いちご、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や赤ピーマンやパプリカ、

さつまいもやじゃがいもなどのいも類などに多く含まれています。

水溶性ビタミンで熱に弱いので、生で食べるか、さっと火を通す程度で食べると

いいのですが、いも類は調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作ってビタミンCを

保護するため、加熱しても壊れにくいといわれています。

ビタミンEのはたらき。

・抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守ってくれる。

・生活習慣病や老化を予防することができる。

アーモンドや落花生などのナッツ類や植物油、ウナギやたらこ、イワシなどの

魚介類、卵や木綿豆腐、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいもに多く含まれています。

ビタミンACEを効率よく摂るレシピ。

先日書いた記事。

「豆苗」の抗酸化力で体の内側から紫外線対策をする。
しわやたるみなど老化の原因となる生活紫外線UV-Aは窓ガラスを透過して室内にまで届くので完璧に防止するのが難しく、紫外線を浴びると発生する活性酸素を取り除くために抗酸化力のある食べ物を摂っていこうと調べていると手軽に手に入る豆苗のパワーを知りました。健康にも美容にも効果抜群の豆苗を摂って体の内側から紫外線対策をしていきます。

豆苗は1/2パックでビタミンAとCは一日の必要摂取量の70%

ビタミンEは40%を摂取することができて、ビタミンACEが一度に摂れる野菜だと

わかったのですが、その他にもかぼちゃさつまいもも豆苗と同様なのがわかります。

かぼちゃやさつまいもはビタミンEの多い植物油で天ぷらやソテーしたり、

βカロテンとビタミンCの多いパプリカも細く切って、オリーブオイルと

細かく刻んだアーモンドと混ぜるだけで、簡単にビタミンACEが摂ることができます。

今、よく作っている豆苗のレシピです。

<豆苗の卵のさっと炒め>

卵と植物油でビタミンEがさらに補給できます。

卵を先にふんわりと半熟に焼いて、生でもおいしい豆苗を加えて

さっと炒めることで、ビタミンCの破壊を最小限にします。

味付けは塩コショウだけにしたり、中華スープの素やごま油を加えてもおいしいです。

<豆苗のポテトサラダ>

じゃがいものビタミンC、マヨネーズのビタミンEが補給できます。

細切りしたにんじんと豆苗をさっと茹でて、つぶしたじゃがいもと一緒に

マヨネーズで和えます。

オレンジと緑がきれいでお弁当にもぴったりです。

豆苗自体はクセがなくて、家族全員おいしいと食べてくれるのですが、

毎日となるとやはり飽きてきます。

ですが、さっき挙げた食品を組み合わせて、上手に調理すれば、

忙しくても簡単にビタミンACEを摂ることができるし、バラエティも増えて嬉しいです。

紫外線だけではなく、家族全員で活性酸素に負けない健康な身体にしていきたいと思います。

スポンサードリンク