更年期と向き合う時が来ました。

具体的にマイホームの購入のことを考え始めて、時間がある時にはネットでいろいろな

情報を集めたり、ふんわりとしたマイホーム像を少しずつ具体的な形にしていったり、

ちょっとでも実現に近づけるためにto doを紙に書いたりして、ポジティブに前進して

いこうとしていました。

こういった諸々の作業をしている間はとても前向きな気持ちになって楽しいのですが、

それに伴う不安要素が少しでも出現すると、

一気に頭と気持ちに、ぶ厚くて暗い雲が立ち広がってしまいます。

スポンサーリンク

負のスパイラル状態が増えてきました。

そもそも根っからのネガティブ思考であったのに、どうにかしてポジティブ思考になる

というのは少々無理があったかもしれません。

そんな曇天な気持ちになると、吸い取られたようにやる気をなくしてしまい、

せっかくの貴重な連休も無駄に過ごしてしまって、後悔まみれの休日の夜になるということが

本当に多くなりました。

まさに負のスパイラル状態に巻き込まれてしまうのです。

突然の気分の落ち込みの原因は。

特にここ数週間の間に感情の抑揚が目立ちやすくなってきたので、疲れているのかなって

漠然と考えていましたが、実はそうではなく、もしかしたら「更年期障害」なのかなぁって

思うのです。

そういえば、昨年から月経不順になり、今年に入ってからも3カ月なかったなと思ったら、

1カ月前に大量の出血が3日ほどあり、その後潮が引くように量が減り月経が終わりました。

この時に閉経をしたのか、その前兆なのかはハッキリしませんが、その後くらいから突然に

くよくよと悩んだり、やる気がなくなることが増えてきまし

また体調もスッキリとしなくなり、片頭痛がしたり、顔だけが火照ったり、股関節やひざ、

ひじの痛みもひどくなってきたのもそのせいかもしれません。

関節の痛みは毎晩続けているストレッチやスクワットのおかげで少しずつ軽減はしてきてる

のでそれほど悩むほどではないのですが、内面的なことはなかなか改善できずに悩んで

います。

それまでは、ポジティブ思考になって、自分でもなんとか乗り越えようと努力していたりして

ましたが、休日になると疲れがドッと出てきて、思うようにしたいことができなくなります。

そして、結果的に苛立ちを感じて、それを他でもなく夫にぶつけてしまい、犬も食わない

些細なけんかをしてしまい、翌朝になると、昨晩のことを悔やみ反省して落ち込むことが

本当に増えてきました。

思い込みもまたいけないのですが、症状や年齢的なことを思ったら、真剣にその「更年期」

と向き合っていかないといけない時期に入っているのかもしれません。

「更年期」について自分なりにいろいろと調べてみました。

更年期は閉経を挟んで前後5年ずつ合わせて10年間のことを言うみたいなのですが、

この頃に急激に卵巣機能が低下して、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減るために

脳が指令を出しても分泌しなくなるので、脳がパニックを起こし、発汗やイライラやめまいと

いった症状が表れて、心の状態も不安定になる。

私は閉経してからが更年期だと思っていたので、そうすると45才を過ぎてからの急激な

体中のあちらこちらの変化もなんとなく納得できます。

でも、こうやって調べているうちに、私の今の症状と書かれている症状がぴったりと合って

いたりすると、こういった体調不良や気分の落ち込みにもちゃんとした理由があったことが

わかって、不思議とホッとした気持ちになって少し気分が楽になりました。

とりあえず、その女性ホルモンの成分に近いと言われている大豆イソフラボンはしっかりと

摂っていって、平穏な家庭環境にしていかなければと思っています。

スポンサードリンク