基礎代謝量を上げるのに一番大切なこと。

年々に増えていくお腹の脂肪。

普段からの運動不足、毎日の晩酌、更年期と、原因はさまざまあって、一つづつ改善させて

生活環境を変えていけばいいのですが、まずはその前に自分の体の環境を変えていくために

基礎代謝量を上げることに目を向けてみようと思いました。

スポンサーリンク

基礎代謝量を上げるためには?と調べてみる。

内臓を動かしたり、体温を維持したりと人間が生きていく上で、必要最低限に使われる

エネルギーのことを基礎代謝を言います。

人間が一日で消費されるエネルギーのうち6割がその基礎代謝に使われて、

3割は生活する上で活動によって使われるもの、残りの1割は食後に栄養素が分解されて

消化するのに使われるものになります。

だったら、そのじっとしていても消費されていく基礎代謝量を上げていくことができたなら、

自然に痩せやすい体になる。

なんともシンプルな理屈に妙に納得して、基礎代謝量をあげるためには?といろいろと

調べてみました。

するとまあ、大変なことを知ることになりました。

基礎代謝における消費量のうち、筋肉が18%、脳が19%、肝臓が27%であり、この3器官

だけで6割以上もエネルギーが使われてしまいます。

肝臓でのエネルギー消費量が全体の4割強も占めているのに、こうやって毎日お酒を

飲み続けて肝臓に負担を掛け続けていると、次第に肝機能が低下していって代謝を鈍らせて

しまうことになり、結局は基礎代謝量を下げてしまうことになります。

お酒を飲み続けていうちはダイエットは難しく、そして、お腹まわりのお肉は永遠になくなる

ことはないという事実を突きつけられました。

一番避けたかった事実です。

わが家の毎日の晩酌の光景。

毎日の晩酌をするようになって、かれこれ5年ほどになると思います。

それまではお付き合い程度の飲酒量でしたが、最初は真夏のビールが楽しみになり

それが毎日続き、いつもの間にか冬でもビールが楽しみになり、毎日の飲酒がダラダラと

続いているという感じです。

そして、はっきりと調べたわけではありませんが、缶ビールなら3~4本飲んだくらいなら、

少し気分が楽しくなる程度でフラフラに酔うところまでにはならず、次の日も朝5時半には

スッキリと起きれるので、おそらく強い方だと思います。

また、毎年受けている健康診断も一度も数値で引っかかることはなく、健康体でいられたので

それもまた過信して「ま、いいかっ」みたいに飲み続けてきました。

晩酌が楽しみで一日の中で一番リラックスする時間を過ごせるので、精神的には健康的では

ありますが、身体的にはやはり不健康なことです。

今は糖質やカロリーのことを思ってハイボールを飲んでいます。

もはやもうそれは関係のないことだと知りましたが…(-_-;)

平日は退社して帰りにスーパーマーケットで買い物を済ませ、家に戻るのが19時半過ぎ。

それから買ったものを冷蔵庫にしまい、着替えをして夕飯の準備を始める時に1杯目の

ハイボールを作ります。

そして、チビチビと飲みながら夕飯を作り、20時過ぎにテーブルにつくと食事をとりながら

ここでは2杯目を飲みほして、食事を終えます。

後片付けや洗濯ものを畳んだりと今日一日の家事を済ませてから、お風呂に入って

最後のハイボールを作ってゆっくりとくつろぎます。

夫はというとあまり飲まない人なので、横でティータイムです。

恥ずかしながら真逆の光景に子供たちも呆れ顔で、さすがに飲み過ぎだと指摘されますが、

機嫌がよくなり楽しいお酒なので今のところは許してくれています。

基礎代謝量を上げてお腹のサイズダウンを目指すという流れから、基礎代謝量を上げるために

まず何よりお酒をやめた方が一番いいという事実がはっきりとして、そもそもの課題である

ダイエットから、テーマがお酒をやめるみたいに変わっていきました。

正直今は悩ましい問題に直面した感じです(-_-;)

スポンサードリンク