自分に合ったビタミンCとビタミンEの摂り方で抗酸化を目指す。

病気や老化などを引き起こす最大の要因が過剰な活性酸素だということを知り、

「抗酸化」というのが今の私の中でビッグキーワードになっています。

そしてその抗酸化に大きく作用するのがビタミンACE(エース)。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを一緒に摂取することで、相乗効果がはたらいて、

なお一層の抗酸化作用を発揮してくれるようになります。

スポンサーリンク

自分に合ったビタミンCとビタミンEの摂りかた。

毎日の献立にはいろいろな種類の野菜を取り入れるようにしていますが、

意識してビタミンACEを摂っているかと言われると正直できていないように思います。

特に積極的に摂っていかないといけない高い抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンE

ビタミンCが多く含まれているといわれるキウイフルーツですが、

食べるとひどいアレルギー反応が出るために一切食べることができず

その他パイナップルやメロンなどもそうで、ビタミンCが多く含まれている果物は

全般的に抵抗があり、オレンジやバナナなどは出されたりすると食べることはできますが、

自分のためにスーパーで買って食べるというのはめったにありません。

また、ビタミンEが多く含まれているアーモンドなどナッツ類や植物油も

カロリーが高いために気になって、控えていることが多いです。

このように、いろいろと制限があって、十分にビタミンCとビタミンEが摂れていないこと

に気づき、どうしたものかと見つけた、自分に合ったビタミンCとビタミンEの摂りかたが

さつまいもアーモンドミルクです。

アーモンドミルクでビタミンEを補う。

スーパーでも簡単に手に入るアーモンドミルクには女性にとって

理想的な栄養効果がたくさんあります。

①カロリーが牛乳の1/4以下(約30kcal/200ml)。

②コレステロールが0%。

③脂質の約70%がオレイン酸である。

④乳糖がゼロ。

⑤亜鉛、カルシウム、鉄、リン、カリウム、マグネシウム

といったミネラルが豊富。

⑤ビタミンEがごまの約310倍。

原材料がアーモンドとお水だけのアーモンドミルクはアーモンドをそのまま食べるよりも

栄養素の吸収が高いと言われています。

カロリーが低く、コレステロールや乳糖がゼロなので、ダイエット中や牛乳を飲むと

お腹が痛くなるといった乳糖不耐症の人や糖質を気にする人にも安心して飲むことが

できます。

また、含まれている脂質のオレイン酸は悪玉コレステロールを排出して、

血液をサラサラにしたり、糖質を臓器に取り込む「インスリン」の過剰分泌を抑える

効果があります。

そして、気になるビタミンEは女性の場合1日の必要摂取量が6mgと言われていますが、

アーモンドミルク200ml中には8.9mg含まれているので、

コップ1杯で十分摂ることができて、これだけでビタミンEは十分に摂取できます。

味はアーモンドの香ばしい風味がして、豆乳よりはクセがなくてとても飲みやすいのですが、

カルシウムが牛乳が220mgあるのに対してアーモンドミルクは4mgしかないので、

私の場合牛乳の代替え品として飲むのではなく、ビタミンEを補うために飲むように

しています。

さつまいもでビタミンCを補う。

太るイメージのあるさつまいもですが、実は積極的にとっていきたい栄養効果が

たっぷりと含まれています。

①食物繊維が豊富。

②唯一の栄養成分のヤラピンが含まれている。

③高血圧予防にいいカリウムが豊富。

④がん細胞を抑制するガングリオシドが多く含まれている。

⑤ビタミンCが1本でリンゴの4倍以上含まれている。

まず、さつまいもにはヤラピンという栄養成分が含まれていて、

それは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進して、便をやわらかくする効果があります。

それと食物繊維との相乗効果でさらに便秘に効果的になります。

また、余分なナトリウムを排出してくれるカリウムが豊富で、

むくみ防止や高血圧予防が期待できます。

皮の部分に特に多く含まれているガングリオシドは細胞の増殖や機能を正常にする

働きがあり、がん細胞の増殖を抑えたり、脳の老化防止や認知症の改善にも効果がある

と言われています。

そして、気になるビタミンCはもともとは熱に弱いのですが、

さつまいもに含まれるビタミンCは調理の時にデンプンが糊化して、

膜を作って保護されるので、損失が少なくて効率よく摂ることができます。

ただ、ビタミンCはさつまいもだけでは一日の必要摂取量には満たないので、

その他に野菜をしっかり摂ったりしていく必要があります。

無理なくビタミンCとビタミンEを摂っていく。

今回、抗酸化作用を意識して、積極的にビタミンCとビタミンEを摂っていこうと

はじめたアーモンドミルクとさつまいも。

でも実は抗酸化作用の他にもさまざまな栄養効果があることを知ることができました。

今は毎朝、アーモンドミルクは小さなコップ1杯で十分なので毎日必ず飲むようにしていて、

主食としてごはんか食パンを食べていましたが、その代りにはさつまいもを食べるように

していっています。

アーモンドミルクは気分に合わせて、水で溶いたコーヒーやココアを混ぜて

飲んだりしています。

また、さつまいもは皮をむかずに1cmくらいの輪切りにしてラップをかけて

レンジにかけると、細いものなら5分でやわらかくなるので、

忙しい朝でも簡単に準備できるし、お昼ごはんまでの腹持ちもいいので続けられています。

気になる糖質も、朝ごはんに食べるのでそんなに気にすることはありませんし、

時々ごま塩をかけたり、とろけるチーズをのせたりして味の変化をつけて食べています。

小腹がすいた時もお菓子は一切食べずに、チンしたさつまいもを食べるように

しています。

こうやって始めた抗酸化作用を意識した食生活のおかげで、毎年悩みだった

紫外線によるトラブルは一切なく、心なしか肌の調子も良く、

毎朝の化粧の時間も短くなったような気がします。

始めてまだ2週間ほどしか経っていませんが、今のところ無理なく続けられています。

スポンサードリンク