しわの改善のために始めた頭皮マッサージ。

ここ1年で目立ち始めてきた眉間の深い横しわ。

目の下などにできるちりめんのような細かいしわは化粧水や乳液、美容液などをつけて、

お肌が潤っている状態なら、一瞬でも消えるのですが、この眉間の横しわは指で上下に

引っ張って伸ばしても線が残るくらいまで深く刻まれています。

そのしわがあるだけで、一気に老けて見えるのと、少し怒っているような印象さえ与えて

しまって鏡を見るたびに深いため息になってしまいます。

スポンサーリンク

眉間の横じわの原因とは。

私は元々ひどい近眼と乱視がある上に、加齢とともにだんだんと老眼もひどくなってきて、

PCの操作をしたり、本や新聞を読んだり、そんな日常のあらゆる場面で目を使っているとき、

びっくりするくらい焦点が合いにくくなっていました。

そうすると、いつの間にか目を細めたり凝らしたりして、ものを見るようになり自分でも

気づいていましたが、家族や職場の人にも「ものすごく怖い顔になっている。」と言われる

ようになっていました。

そして、その時にできた眉間のしわは次第に深く刻まれていったのでしょう。

今、朝晩のお手入れで使っているベネフィークの「ホワイトレチノエッセンス 」。

成分には美白にいい「m-トラネキサム酸」と小じわにいい「レチノール誘導体」が入っていて

今のところ私には合っていて、気に入って使っている美容液です。

およそ4カ月使用していますが、ちりめんのような細かいしわは少し改善が見られたの

ですが、この眉間の深いしわはなかなか厳しいです。

深い眉間の横じわを改善する方法とは。

何か改善方法はないかと調べてみましたが、その原因として、乾燥やコラーゲン不足、

表情の癖や寝る時は横向きなどが挙げられていましたが、私が一番ピンときたというか

ハッと思ったのが、頭皮のたるみが原因だということ。

今までは顔のしわやたるみばかり気になって、一生懸命顔ばかりに化粧品をつけたり、

マッサージをしていましたが、一枚の皮膚でつながっている顔に一番近い皮膚である頭皮には

一切目を向けず、頭皮のたるみなんて、まったくもって盲点でした。

シャンプーするときも指の腹でマッサージしながら洗っていましたが、髪の汚ればかり

気にして、頭皮をマッサージするという意識は全くありませんでした。

そして、頭皮のマッサージというと、どちらかというと髪の悩みのためというイメージが

強かったのですが、考えてみると、顔の皮膚の真上につながっている頭皮をマッサージして

たるみが改善すれば、なんとなく気分的に顔の皮膚も上に引っ張られるようなって

思えてきました。

そして、筋トレやストレッチでもそうですが、イメージしながらトレーニングすると

効果が倍増するように、頭皮マッサージも上に引っ張られることをイメージして

やってみようと思い、今すぐできる頭皮マッサージを探してみました。

1分でできる頭皮マッサージ

その中で簡単そうなのが、

  1. 両手の指の腹を使って髪の生え際から頭頂部に向かって頭皮を20秒間引き上げる。
  2. 手のひらの下部にある盛り上がった部分で、両側の耳の上から頭頂部に向かって

    押し上げる。
  3. 2.と同じ手のひらの盛り上がっている部分で頭頂部を20秒間つまみ上げる

およそ1分でできるマッサージです。

仕事や家事の合間など思い出した時に頭皮をほぐすようにを意識してマッサージするように

していますが、そもそもはしわの改善のために始めた頭皮マッサージ。

それよりも、頭も気分もリフレッシュできて、とても気持ちがいいのと顎のお肉が

特に引き上がっているのでここも期待できそうです。

まだまだ眉間のシワへの効果は感じられませんが、この頭皮マッサージはいいお顔の

エクササイズになるので、継続は力なりを信じて、このマッサージも習慣化していこうと

思います。

スポンサードリンク