「DHC サンカット Q10 EXミルク」紫外線対策をしながら、シンプルメイクを目指す。

紫外線対策に向けて、自分に合った日焼け止めを探したいと思い、

雑誌「LDK」の日焼け止めの特集で2年連続1位だった

「DHC サンカット Q10 EXミルク」

を今シーズンから使いはじめて約2カ月経ちます。

スポンサーリンク

「DHC サンカット Q10 EXミルク」を使った感想。

先日の記事でも書きましたが、

使い心地は日焼け止めにありがちなつっぱったような皮膜感はありません。

2018年「LDK 日焼け止め THE TEST 44」顔・からだ編で1位になった商品は?
2018年「LDK 日焼け止め THE TEST 44」の顔・からだ編。UVベース編と合わせて2つのタイプから最強の日焼け止めを選んでいきます。UVカット率が高い、刺激が少なく肌にやさしい、汗や水にも強いなど徹底的に検証。2018年は落ちにくさやスキンケア効果など進化した製品も多く、その中からベストバイの日焼け止めを発表。

それなのにベタつきもなく、サラサラとしたテクスチャーで

伸びがよく、まるで美容液のようにささっと塗れて、

肌にしっとりとなじんでくれます。

今まで使っていたジェル状の日焼け止めは、塗った後はヨレたような感じで

肌への密着感が感じられませんでしたが、

「DHC サンカット Q10 EXミルク」は乳液タイプでも程よく濃度もあり、

肌に密着した感じで塗れるので、使い心地はよく、とても気に入っています。

また、日焼け止め効果は特に手や腕に塗ればわかるのですが、

今まで使っていたジェル状の日焼け止めは時間が経つと汗とともにすぐに取れてしまい、

日中外にいる時などこまめに塗りなおしていても、

気が付くと赤みがでてきて、かゆくなることが度々ありました。

ですが、「DHC サンカット Q10 EXミルク」にしてからはそういったことがなくなり、

汗などで落ちにくいのはもちろん、日焼け止め効果もちゃんとあるんだなってわかります。

ただ、通常のクレンジングやボディソープで落ちるので、日中に手や腕を洗ったりすると、

その度に塗り直さないといけなくなり、その分減りが早くなるのが、悩ましいところです。

使い始めから顔、首、腕、脚と洋服から出ている部分を塗っているので、

およそ1カ月ちょっとで1本使い切るような使い方をしていて、

1本2000円弱の価格とはいえ、私にとって継続するのは少し厳しいです。

なので「DHC サンカット Q10 EXミルク」を使うのは顔と首だけにして、

その他の体の部分は「LDK」の日焼け止めの特集の2018年版で

同率1位になった

「メンソレータム サンプレイ クリアウォーター」か

3位の「メンソレータム サンプレイ スーパーブロックd」は

コスパがよく、日焼け止め効果もいいので、使い分けて塗っていきたいと思いながら、

近くのドラッグストアに売っていなくて、まだ保留中です。

というようにコスパ以外は、さすが日焼け止め特集2年連続1位だけあって、

使い心地も日焼け止め効果も抜群の「DHC サンカット Q10 EXミルク」

夏だけに限らず、年中使っていきたいと思っています。

紫外線対策のための朝のスキンケアのやり方。

私の使い方なのですが、汗をかきやすい今の時期は、

まずは洗顔後に化粧水を多めにつけて肌をしっとりさせます。

この時は顔だけではなく、首にも化粧水をつけて、しっとりとなるように

手のひらで肌になじませるようにさせます。

その次に「DHC サンカット Q10 EXミルク」

1円玉の大きさくらいずつ出してそれぞれ、おでこ、両頬、鼻、あごにのせて、

伸ばすように塗っていき、首も後ろまで忘れずに塗るようにします。

「DHC サンカット Q10 EXミルク」には

コエンザイムQ10、オリーブバージンオイル、ヒアルロン酸、黄金海草エキス

十分な美容成分が配合されていて、

私の場合、化粧水の後の乳液をつけなくてもしっとりさが感じられるので、

朝のスキンケアはこの2つだけですませています。

紫外線対策のためのベースメイクのやり方。

次はベークメイクです。

私は今年の春から「LDK the Beauty 真実のベストコスメ」ベースメイク部門の

ベストコスメに選ばれたリキッドファンデーションの

「コフレドール ヌーディーカバーリクイドUV」を使っています。

コフレドール「ヌーディーカラー」と「ルーセントパウダー」を使っています。
3月になり春めいてきて、心はウキウキするはずなのに、 近ごろお肌の方が乾燥や花粉で、カサカサしてきてテンション...

よく振ってから、付属のスポンジにパール2粒くらい出して、顔全体に薄く塗るように

するのですが、汗をかきやすい季節は化粧くずれしやすいので、

ここはごくごく薄く塗るを心がけます。

それでも肌のくすみや薄いしみは、そこそこ消してくれるので、

そこは気に入っているのですが、ただこの量だと両頬にある大きなシミは消えないので、

その部分だけコンシーラーを塗って、ちょこちょこっと隠すようにします。

最後は同じくパウダー部門で1位だった同じくコフレドールの

「ルーセントフィニッシュパウダー」で仕上げます。

2018年「LDK 日焼け止め THE TEST 44」UVベース編で1位になった商品は?
2018年「LDK 日焼け止め THE TEST 44」のUVベース編。顔・からだ編と合わせて2つのタイプから最強の日焼け止めを選んでいきます。UVカット率が高い、刺激が少なく肌にやさしい、汗や水にも強いなど徹底的に検証。2018年はUVベースもスキンケア成分が含まれる製品も多く、その中からベストバイのUVベースを発表。

にも書きましたが、

パウダーに含まれる酸化チタンや亜鉛にも紫外線を反射する効果があり、

またその粒子が汗をはじいて日焼け止めの定着を高めるので

一石二鳥になる。とのこと。

この「ルーセントフィニッシュパウダー」を仕上げに使い始めてから、

汗をかいても化粧くずれが起こりにくく、

汗を拭いてもハンカチにファンデーションが付くということが少なくなりました。

ということは下地に塗った日焼け止めも落ちにくくなっているということなので、

日焼け止めの定着するという点は、とても納得しています。

また、「DHC サンカット Q10 EXミルク」のパッケージに書いていたのですが、

この商品には、アミノ酸コーティングUVフィルターという成分が含まれていて

それは、汗や皮脂の成分をかかえこみ、より均一でくずれにくい膜を形成している

ということらしく、梅雨のジメジメとした気候でも、顔がいつもサラサラなのは

きっと、「DHC サンカット Q10 EXミルク」と「ルーセントフィニッシュパウダー」

の組み合わせが私には合っているからなのかなって思っています。

朝のスキンケアとベースメイクをシンプルにしてみて思ったこと。

昨年まで、朝のスキンケアは化粧水を塗ってから、美容液、乳液を塗って、

その次にジェル状の日焼け止めを塗ってスキンケアは終わり。

次にベースメイクはその上に化粧下地、最後にパウダーファンデーションを塗って

終わりという手順でした。

そんなふうに何重にも塗り重ねられた顔は、通勤中汗をかくと、会社に着くなり

もう半分以上化粧が崩れ、またその上からテカリをおさえるために

さらにパウダーファンデーションを塗り重ねるという始末。

夕方になるとエアコンの風で乾燥した顔は、何層も塗り重ねた

パウダーファンデーションがしわの間に入り込んで、太くて濃いしわが目立ち、

ますますの老け顔になるという残念なメイクの仕方をしていました。

ところが、今年から始めたスキンケアとベースメイクのおかげで

朝の化粧時間がとても短くなり、それなのに日焼け止め効果が持続できている上に

汗をかいて会社に着いても、化粧くずれはしていなく、

ハンカチでトントンと汗を吸うようにするだけで、顔はサラサラになります。

そして、夕方まで一度だけ「ルーセントフィニッシュパウダー」を重ね塗りするだけ

なので、帰るころまでに刻まれるしわはずいぶんとなくなったように思います。

おかげさまで一日中、圧迫感のなく軽い質感で過ごせるようになりました。

50歳近くになると、顔のダメージを化粧品で隠そうと塗り重ねてしまいがちですが、

結局そうすることでしわにどんどんと化粧品が入り込んで、余計にしわが目立ち

老け顔になってしまいます。

それよりも50代なりのしわやシミはある程度受け入れて、

それよりは最低限のスキンケアとベースメイクで済ます方が

よほど若々しい顔でいられるような気がします。

これからはシンプルなメイクを心掛けて、表情も心も軽く、

気持ちよく過ごしていきたいと思います。

スポンサードリンク