高橋克典さん伝授ウエストを細くするラクやせ体操の効果。

基礎代謝量を上げてウエストのサイズダウンに挑戦。を実践しようと思ってから、基礎代謝量の

あれこれを調べていると、毎日の飲酒がネックだったという事実が発覚しました

基礎代謝量を上げるのに一番大切なこと。

その後、生活習慣病などさまざまな病気の原因となる体の「糖化」や「酸化」のことを知り、

それからは食事の時は毎食、抗糖化作用と抗酸化作用のあるルイボスティーを飲むようにして

いたら、自然と飲酒の量も減っていき、「ヨシ、ヨシ。」と思ってはいましたが、目立った

お腹のサイズダウンはなかなか感じられずにいました。

スポンサーリンク

高橋克典さんがすすめる腸腰筋トレーニング。

ところが先日、日本テレビで放送されていた「得する人損する人」の中で俳優の高橋克典さん

がとっておきのラクやせ体操を紹介してくれました。

高橋克典さんは最近も11㎏のダイエットに成功して、52歳でありながら体脂肪率はなんと

10%なのだそう。

そして、その高橋克典さんが毎日この体操を200回されているというので、説得力はあるし、

興味津々です。

このラクやせ体操とは、腸腰筋を鍛えるトレーニングでやり方はとても簡単です。

腸腰筋とはどこの筋肉?

そもそも腸腰筋という筋肉の名前を初めて聞いたのですが、股関節の筋肉で骨盤から下腹辺り

に位置している大腰筋、小腰筋、腸骨筋の3つの筋肉の総称をいいます。

脊柱から脚の付け根に伸びる大腰筋と骨盤から脚の付け根に伸びる腸腰筋は体幹の深い部分に

あってインナーマッスルの一つと言われています。

股関節の動きに関係している重要な筋肉で、姿勢を保ったり骨盤を安定させたりの役割が

あり、美しいウエストラインや美脚モデルの体形を目指す人にはとても重要な筋肉に

なります。

また、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉なので、この腸腰筋を鍛えると全身にトレーニング

の効果が伝わって、全身の血流が良くなり、最終的には基礎代謝量を上げるといった嬉しい

効果が期待できます。

腸腰筋を鍛えるトレーニング方法とは。

①壁に両手をついて、前傾姿勢になります。

②片足の膝が90度になるまで上げて、外から内側に5回まわします。

③逆の足に変えて、同様に外から内側に5回まわします。

④また逆の足に変えて、今度は内から外側に5回まわします。

⑤逆の足に変えて、同様に内から外側に5回まわします。

両足合わせて計20回するだけで、十分に効果があると高橋克典さんは断言されていました。

高橋克典さんは200回されていて、元サッカー選手の中田英寿さんは毎日1000回されて

いるそう。さすがです。

私も腸腰筋ラクやせ体操に挑戦。

そして、私も早速腸腰筋を鍛えるラクやせ体操をしてみました。

私の場合は背もたれのある椅子を持ってきて、背もたれに手をかけてやってみました。

関節などが痛い場合は少しキツイかなっと思いましたが、そうでなければとても簡単で楽々に

トレーニングができるので、初めてなのに私でも20回どころか両足で60回まわすことが

できました。

そしてこの時に足の付け根から大きく動かすようにまわすと、20回を過ぎたくらいから

体がポカポカとしてきて、血行が良くなってきているのが実感できました。

次の日は100回に挑戦してみました。

はりきって100回に挑戦ですが、さずがに80回を過ぎたあたりから足がきつくなって

きましたが、終わった後はかなり達成感があって、心配していた筋肉痛も全くなく、私には

ちょうどいい運動量だったので、毎日続けられそうでした。

10日くらい経ったころ、なかなか減らなかった下っ腹のお肉が少しスッキリとしてきたのに

気づき、少し嬉しくなりました。

寝転がってする腹筋よりかはかなり楽なので、毎日プレッシャーにならずに続けられたのと、

家でも会社でも思ったときにいつでもできるので、気づいたら一日に何回もできたことが、

早い効果につながったのかなって思っています。

また、運動をするタイミングも話されていたのですが、運動をするとまず血液中の糖が燃えて

その後に脂肪が燃える仕組みになっているので、脂肪をより多く減らしたい場合は、

血糖値の低い食事前に行なうのがいいそうなのです。

ラクやせ体操で気を付けること。

・転倒しないためにも、両手は壁に手をつけるか、椅子の背もたれを持って、姿勢をきちんと

固定させる。

・ひざは90度に曲げて、足を高く上げてまわす。

この2点を気を付けてトレーニングすると、効果的かつ簡単に続けられそうです。

腸腰筋ラクやせ体操は100回しても時間にして5分もかからないので、これも毎日の

トレーニングに加えて、基礎代謝量を上げてお腹のサイズダウンを目指していこうと

思います。

スポンサードリンク